「今日のあなたへのメッセージです♪」

NO76

アンジュ・ローズ☆からのお知らせ

ブログはアメブロでも行っていますので合わせてご覧下さいね⇒こちら

●幸運体質になれる菌活プチWS(コンブチャ株分け、ジャパニーズクリスタル)はリクエスト開催しています。

6月25日(日)13:00~コンブチャの株分けWS開催します

ピンときたらお問い合わせくださいね

●スマホからのメルマガ登録ができない方はこちらをご覧下さい。
詳細はこちら

喉の痛み

アンジュ・ローズ☆ちさえです。

朝晩の気温差や夏日かとおもいきや涼しすぎるくらいひんやりと温度調整がとりにくい季節。

そのため風邪をひく方や、体調がすぐれない方も多いように思います。

風邪の引き初めに喉の痛みから始まる人も多いと思います。

私もその一人。

少し、喉の調子がおかしいなぁと思っていてケアをしないと次の日には喉に痛みが出たりします。

 

そこで喉の痛みについてスピリチュアル的な見解を書いてみたいと思います。(私なりの見解で必ずそうとは限りませんのであしからず)

 

喉の痛みが出ている場合には、大きく二つの意味があります。

一つ目、言いたいことを我慢しすぎ

二つ目は、いらない(余計な)言葉を言い過ぎ

このどちらかについて、自分の考え方を変えて、行動も変えてくださいねという神様からのメッセージ。

だいたい言いたいことを我慢している場合に喉の痛みや、不調が出てきます。

しかし、最近思うのは二つ目のいらない(余計な)言葉を言い過ぎているのもかなりあるのでは?と思います。

 

例えば・・・

子どもに対しての過ぎた親心のために言葉が多くなっている場合

 

子どもを心配するあまり、あれやこれやと転ばぬ先の杖をするように子どもに必要以外のこれをしたら~になるからダメ、やこうなるから~をしない方が良いなど、よかれと思ってアドバイスすることで経験を妨げてしまっている場合。

 

「こうすると失敗するから、やめておきましょう」と促しても、やりたければやりますし、痛かったり、辛かったりという思いを実際にしなければ、気づいて、学ぶということが出来ません。

 

親としては自分がうまくいかなかった方法は、できるだけ伝えて防止してやりたいと思うもの。

しかし、子どもにとっては、気づいて成長するための大切な「経験」ですので、子どもの経験を止めてしまうというのは、神様としては子どもの成長を邪魔しているということで「余計なことは言わないで!」というサインなのかも。

 

よかれと思ってアドバイスしていることが、神様にとっては「必要以上の言葉を発していますよ!」ということなのです。

 

人の悪口や欲深いことを言ってしまうなどの言葉を発してしまうことについて注意しましょうというよりそんな言葉を発する思考を見直しなさいというサインだと思うのです。

言霊というくらい発する言葉にはエネルギーがあり使い方次第で諸刃の剣にもなるので慎重につかうものだと感じています。

 

喉が痛い方は、最近、どういうことに言葉を多く発しているかを自分でまず振り返ってみてください。その中に、ヒントは必ず潜んでいますから。私も発する言葉に気を付けるようにしています^^;

 

「いいね」してね!(^^(