「今日のあなたへのメッセージです♪」

NO64

アンジュ・ローズ☆からのお知らせ

ブログはアメブロでも行っていますので合わせてご覧下さいね⇒こちら

●幸運体質になれる菌活プチWS(コンブチャ株分け、ジャパニーズクリスタル)はリクエスト開催しています。

6月25日(日)13:00~コンブチャの株分けWS開催します

ピンときたらお問い合わせくださいね

●スマホからのメルマガ登録ができない方はこちらをご覧下さい。
詳細はこちら

私と天使の関係について(2)

アンジュローズちさえです。

ちょっと今回はダークな内容ですけど良かったら読んで下さい。前回のストーリー⇒こちら

私が天使の存在を知ったのは15年ほど前かな。そもそも天使とは全く無縁の私だった。天使グッズなどいろいろあるけれど見向きもせず、存在自体知らなかったくらい。

小さい頃にお友達が教会学校に毎週行ってて遊びの延長でそこに一緒に行ってた。だからイエスさまとかマリアさまのことは知ってたけど…それでも天使の存在には気づかず。。。
教会学校では帰る前にお祈りの言葉を代表して言うというのがあったの。「はい、今日は●●ちゃん、どうぞ~っ」て指命されるのがとってもイヤだった緊張するし、何を言えば良いかわからなかったから。

笑われたりしないか?おかしなこといってないか?

子供のくせに変にプライドがあったのかも。それともいいかっこしぃ~やったのかもしれない。子供らしくなかったかもしれない。

昔から頭でっかちなやつだったのかもしれないなぁ。おっと話がそれた!(失礼)

今思えばイエスさま、マリアさまを知ってたら天使も出てきてもいいはずなのにね(笑)

きっとすでにご縁はあったのかも。

天使と出会うキッカケは精神的に苦痛でどうしたらよいかわからなくて途方にくれて腐りかけてた時。

ある日、(と、言ってももう15年ほど前かな)子どもの友達のお母さんがフラッとうちにやってきた。

『まだ下の子が生まれて大変なときやしすごく言いにくいんやけどおたくの子どもがうちの子に意地悪しているのでなんとかしてほしい』と訴えてきた。

よくよく聞いてみると一緒に遊んでいた子の妹に何度か意地悪していたようでした。

全くそんなこと、知るはずもなくただただ驚くだけでした。

謝ったけれどお説教が始まった!

あの子(うちの子)はこれからこうなる、あぁなる!このままだったらいじめの対象になるとか、友達なくすとか子どもの個性を否定するようなかなりキビシイ事を言われまくりました。

まるでこの子は最悪の人間だ!どうするの?という勢いでした。

私自身のことを言われるならそうならないように努力したり気をつけたり出来るけど子どもなのにいろいろ制限させたり、努力させることができるのか?
まだ幼稚園の子に理解させるにはムズカシすぎると思ったからどうしたものかとスゴく悩んだ。

この子の将来は言われた通りになったら可愛そう。あの奥さんが言ってるならホントにそうなるかも。(断言するタイプの人だったの)

子育ての先輩でもあるし人生の先輩でもある彼女に言われたので恐怖心でいっぱい。その頃まだマイナス思考だった私の頭は悪いスパイラルにまんまとはまっていった。

旦那に相談したけどアドバイスが耳に入らない。

毎日、毎日どうしてやったらいいのか考えるばかりの生活。

なるべく家以外では遊ばさないようにするのが精一杯。自分の目の届く範囲でと考えたから…

育児とストレスでノイローゼになりそうだったが近所の友達は同じ話を親身に聞いてくれていたのが救いだった。

きっと毎回『またか~!』『オェ~っ』てなりそうなのを我慢して一緒にいて話を聞いてくれてたんだと思う。

もう話さないでおこうとその話題に触れないようにしてたつもりが根底で気にしてるからふとしたときに無意識で話してるんです。

情けない、やるせない、自己嫌悪にまみれてました。

うわぁ~めっちゃ黒々マン!(←ダークに陥ってる私のこと)

今タイムマシーンに乗ってその時の自分に会ったら『アホやなぁ~!真面目すぎるねん、もっと気楽にいかなぁ!頭固いしもっと柔軟に考えや!』ってゲラゲラ笑いながら励ますでしょうね(笑)

そしてこのあと天使と出会うのです☆

続く…

「いいね」してね!(^^(